月別アーカイブ: 12月 2009

第九怪 奇怪なアイスクリーム

これはとある知人から聞いた奇怪な話。 都内にある某ファーストフード店で、スグルと友達以上、恋人未満の路子(みちこ)は、 ブランチを楽しんでいた。 このあと、スグルと路子は、パティ・ジェンキンス監督・脚本。シャリーズ・セロン主演のなんとも奇怪な映画を見る予定をたてていた。 映画までは少し時間があったが、スグル達が席を立とうとすると、 突然、「お客様!」とスグル達に声をかけ、店員の一人がなにかをもってきた。 その店員はファーストフード店のキャップを被り髪の毛は長髪で前髪の分け目もなく、 目が隠れていた。後ろ髪も腰に届きそうな程で、なんとも奇怪な男に思えた。 他の店員達の髪型は清潔そうに切られているため、教育がいき届いている印象が あったため、スグルはこの奇怪な男には違和感を感じた。 男の持ってきたのは、白、黒、紫、青、赤、黄色、便所色、土色、 すべて混ぜたかのような色のそれはそれは、奇怪なアイスクリームであった! 「こちらのアイスクリームは新商品で只今、無料で食べられるキャンペーン中です。」 と男は言った。 「結構です!」スグルはすぐに断ったが、 「えー無料だったら食べたいんですけどー。無料ってちょーヤバいんですけどー。」 向かいにすわっていた路子が言った。 「それなら、ひとつだけ。」と奇怪な男はその奇怪なアイスクリームを一つ机に置き、もどっていった。 「そんな色のアイスよく食べる気になるね。路子ちゃん。」 スグルは嫌みも込めて言った。 「わたし、無料って言葉にチョー弱いのー。」と路子。 スグルは無料なら何でもいいとか、普段からこの女の下品な言動には 苛つかされていた。 ぶーーーーーーーー!! 突然、路子が口に入れた、アイスクリームを吹き出した。 吹き出したアイスクリームはスグルの顔にかかった。 「このアイスちょー甘いんですけどー!!」 甘いものが大好きと自負する路子がちょー甘くて吹き出すほどの、甘さとはいったい、、、 スグルは吹き出した路子を笑いながら、その甘さの興味から その奇怪なアイスクリームを一クチだけ口に入れた。 スグルも吹きそうになる。 がなんとか飲み込んだ。 今まで経験したどんな甘いものよりも甘い。 これを表現する言葉はこれしかない。「まさに、奇怪な甘さ!!」 スグルはすぐに胃がもたれて気持ちが悪くなった。 路子も一緒だった。 見るはずだった映画を辞めて今日は解散した。 次の日の朝からスグルに奇怪な出来事が起こり始める。 朝起きるとクチの中に違和感を感じたかとおもうと、 アリが列を作って、クチの中に入ってきていた。 … 続きを読む

カテゴリー: 奇怪な話 | コメントをどうぞ